« ムーンボウ | トップページ | 冷却ファンが回りっぱなし・・・ »

2009年12月 8日 (火)

Windows 7 Professional

世で言われているほどWindows Vistaに不満はなかった。しかし,Windows 7を覚えないと仕事に差し障りが出るかもしれない・・・。ということで,2月に買ったばかりのPanasonic CF-R8(Vista機)に,Windows 7を上書きインストールすることにした。

091208買ってから約10か月。いろいろなソフトウェアをインストール・再インストールを繰り返したので,ナイスタイミングといえばナイスタイミングである。思い切って「工場出荷時に戻す → Windows 7を上書きインストール」を選択した。バックアップとドライバ関係の確認に1日。工場出荷時に戻す → Windows 7を上書きインストールに1日。ソフトウェアのインストールやアップデートに1日。ようやく使い物になるマシンに仕上がった。

使い勝手はそのうち慣れるだろう。これは使える!と思ったのが,「エクスプローラー」である。Windows 7のエクスプローラーは,仮想フォルダーとして複数のフォルダーを束ねるライブラリである。個々のライブラリを開くと,複数のフォルダーに分散したファイルやフォルダーを1か所でまとめて参照できる。あたかも1つのフォルダーに格納されているかのようにファイル群を扱うことができるのである。

鳴り物入りで発売されたOSだから,他にも便利機能があるはず。と同時に,出たばかりのOSだから不具合もあると思われる。時間をかけて,じっくり使い込んでみたい。

|

« ムーンボウ | トップページ | 冷却ファンが回りっぱなし・・・ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ムーンボウ | トップページ | 冷却ファンが回りっぱなし・・・ »