« シメとスズメ | トップページ | ツグミ »

2010年1月30日 (土)

ICT活用指導力向上研修パッケージ

100130 東京の目白大学に行ってきた。教育情報化推進協議会が,文部科学省から委託された「教員のICT活用指導力向上を目指したプロジェクト」で総合的な研修システムの開発と実証研究を行い,その成果についての説明会を開いたからである。

成果物である「ICT活用指導力向上研修パッケージ」は,「規準表と基準表」「研修テキスト」「指導者用マニュアル」「ワークシート」「研修支援システムとその運用マニュアル」等で構成されている。研修パッケージという考え方は,現在携わっている仕事と共通点が多く,興味深く説明を聞いてきた。6項目36講からなる研修内容は,平成21年3月に文科省より発表された,「教育の情報化に関する手引」と一致しており,ICT活用指導力向上研修の一つの指針となるであろう。

形成的な評価を取り入れたWebシステムは,学習進度がよく分かったり,確認テストに挑戦できたりするなど,研修会に取り入れるとおもしろいと感じた。しかし,36講という膨大な内容を1回の研修会で網羅できるはずもなく,持続可能にするためには,自学等,受講者本人の意欲に頼らざるを得ない状況である。

多忙を極める学校現場で,喫緊の課題である情報モラル教育をはじめとしたICT活用指導力をどのように向上させられるか,自分自身の課題でもあると痛感しながら東京を後にした。

Webサイトはこちら
http://www.t-ict.jp/

|

« シメとスズメ | トップページ | ツグミ »

情報教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シメとスズメ | トップページ | ツグミ »