« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月30日 (土)

ICT活用指導力向上研修パッケージ

100130 東京の目白大学に行ってきた。教育情報化推進協議会が,文部科学省から委託された「教員のICT活用指導力向上を目指したプロジェクト」で総合的な研修システムの開発と実証研究を行い,その成果についての説明会を開いたからである。

成果物である「ICT活用指導力向上研修パッケージ」は,「規準表と基準表」「研修テキスト」「指導者用マニュアル」「ワークシート」「研修支援システムとその運用マニュアル」等で構成されている。研修パッケージという考え方は,現在携わっている仕事と共通点が多く,興味深く説明を聞いてきた。6項目36講からなる研修内容は,平成21年3月に文科省より発表された,「教育の情報化に関する手引」と一致しており,ICT活用指導力向上研修の一つの指針となるであろう。

形成的な評価を取り入れたWebシステムは,学習進度がよく分かったり,確認テストに挑戦できたりするなど,研修会に取り入れるとおもしろいと感じた。しかし,36講という膨大な内容を1回の研修会で網羅できるはずもなく,持続可能にするためには,自学等,受講者本人の意欲に頼らざるを得ない状況である。

多忙を極める学校現場で,喫緊の課題である情報モラル教育をはじめとしたICT活用指導力をどのように向上させられるか,自分自身の課題でもあると痛感しながら東京を後にした。

Webサイトはこちら
http://www.t-ict.jp/

| | コメント (0)

2010年1月27日 (水)

シメとスズメ

10012701 仕事開始直前の8時25分・・・いつもの場所で2種の小鳥を見た。
1種はジョウビタキのメス。もう1種が遠くてよく分からない。
とりあえず職場のデジカメ(Panasonic DMC-FZ18)を向け,最大ズームで撮影を試みる。写っていたのは・・・「シメ」であった。

10012702 昼休み。同僚のC氏が設置したバードテーブルに,スズメが1羽やってきた。食べ物は,ペットショップで販売している自然食タイプのまきエサ。これは,ヒマワリの種やアワ,ヒエなど,たくさんの種類が入っている。こういうものがあるとは知らなかった。。。
2羽,3羽と増えるうちに,喧嘩が始まる。みんなの分はあるのだから譲り合えばいいものを,食事の邪魔をされると思うのか独り占めしたいのか・・・。

今日の仙台は天気が良くて気温が上がり,何となく春を思わせる陽気であった。定点観測場所では,ヒヨドリ,ジョウビタキ,シメ,ツグミ,エナガ,ハシブトガラスを観察でき,いつになくにぎやかに感じた。まだ1月だが,春は確実に近づいているのだろう。

| | コメント (0)

2010年1月25日 (月)

(たぶん)ヤマシギ

100125 日が暮れようとしている16時ごろ。職場の外に出て数歩歩き始めると,突然!鳥が飛び立った。ジシギ? 大きい! やけに茶色い…
飛ぶのが速っ!! もしかしてヤマシギ!?

全体が茶色く,タシギ類4種とは飛んだ時の模様が明らかに違う。
アオシギの名前も浮かんだが,渓流沿いではないのでとりあえず却下。コシギは大きさが違う。

顔を見ることができれば確信が持てるのだが,いると思わなかったので・・・残念!
次回の出会いに期待しよう。

| | コメント (0)

2010年1月17日 (日)

タンチョウ

先週末,宮城県にタンチョウが飛来したという情報が入ってきた。1月16日付の大崎タイムスにも掲載されたとのこと。まだ新年だし,縁起ものだし,これは見に行かねばなるまい!ということで,車を走らせた。

目的地は広大な田んぼ・・・。見つかるか不安だったが,情報をいただいた目印の近くにいる姿を発見。やはり鶴は目立つ・・・。道路から遠いが近くに行くことはできない。天気がいいせいかスコープの画像が揺らぎ,デジカメのピントがなかなか合わない。けっこう歩きまわるため,首から下が見えなくなることがある。それでも,何とか撮影に成功した。

100117 通りかかった農作業の方と話をする。「やっぱ鶴だっちゃ。サギは見慣れてるけど全然違うからそうかなあと思ったんだけど,家に帰って話しても信じてもらえないんだよ。」とのこと。そりゃ最初は誰でも見間違いだろうって疑うよなぁ。。。地元新聞に掲載されたせいか,近所のおばちゃんも肉眼で眺めている。のんびりしていていい風景だ。

私のほかに観察している車は1台。思ったより騒ぎになっていなかった。それにしても,新年から鶴とは縁起がいい。2010年がいい年になるよう,つい祈ってしまった。

| | コメント (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »