« 「情報モラル指導者養成研修」1日目 | トップページ | 「情報モラル指導者養成研修」3日目 »

2010年2月24日 (水)

「情報モラル指導者養成研修」2日目

1002242 本日のセッションは5つ。まずは,情報モラル教育を学ぶための,教員研修用教材を紹介された。また,「ちょっと待ってケータイ」や「ネット社会の歩き方」など,おなじみの情報モラルコンテンツも紹介された。

青森県さんの取り組みも紹介されたが,おもしろかったのがネット上のいじめに対応するための指導内容表。一見すると普通のカリキュラム表なのだが,縦軸に緊急性を表しているのだ。一年間,情報モラル教育に携わってきたが,緊急性については「今必要」と「今後のために」に二分するのにとどまり,それを表に取り込むという発想はなかった。

午後は,千葉県の中学校の先生に,各教科・道徳等での指導方法について講義をいただいた。特に,具体的な実践例は,まさに「考えさせる活動」となっており,学習指導要領総則の解説に書かれている学習活動が具体的にイメージできるものであった。
また,研修カリキュラムを設計する上で,「日常のモラルと情報モラルの違い」等の押さえておきたいことを確認した。

2日目最後のセッションはワークショップ。我々のグループは,東北各県から集まった指導主事7名である。みやぎの情報モラル総合サイト(2010年3月公開予定)の,「みやぎ・情報モラル教育実践パッケージ」は,各都道府県のセンター指導主事のみなさんに高評価をいただくことができた。残念ながら明日のステージ発表はかなわないが,データを持ち帰って各センターで話題にしていただけるとのこと。ありがたいことである。

|

« 「情報モラル指導者養成研修」1日目 | トップページ | 「情報モラル指導者養成研修」3日目 »

情報教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「情報モラル指導者養成研修」1日目 | トップページ | 「情報モラル指導者養成研修」3日目 »