« 開花 | トップページ | 鶴千代君 »

2010年4月30日 (金)

お菊二十四

夏鳥がさえずる季節となった。ウグイスのさえずりもだいぶ板についてきており,「ホー・・・」だけだったのが「ホー・ホケキョ」と聞こえるようになってきた。聞く方も落ち着いて耳を澄ますことができる。

Ikaru 本日の仙台は,最高気温が15度。暖かさに誘われ(?),イカルがさえずっていた。1年ぶりの声である。聞きなしは「お菊二十四(おきくにじゅうし)」。カタカナで書くと,「キコーキ・キー」となる。この鳥のくちばしは黄色くて大きく,太い。小鳥というより,オウムの仲間に見えるかもしれない。

明日から5月。ヒタキ類がやってきて山はにぎやかになり,6月にトケン類(カッコウの仲間)の声を聞くようになると夏である。やっと春を迎えた感じの青葉山。もう寒さの心配なく,安心してさえずってほしいものである。

|

« 開花 | トップページ | 鶴千代君 »

野鳥・自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 開花 | トップページ | 鶴千代君 »