« つかの間の夏日 | トップページ | 文部科学大臣奨励賞受賞 »

2010年6月10日 (木)

ヒヨドリの巣

100610 職場の建物に出入りするたびに,同じ場所から飛び出すヒヨドリがいる。最初は気にもとめなかったが,毎回同じ場所から飛び出してくる姿をみてもしや・・・と探してみた。あった・・・ヒヨドリの巣が・・・。
巣材は木の枝やスズランテープ。職場ではめったに使わないので,近くにある特別支援学校の校庭あたりからでも持ってきたのだろうか。ヒヨドリは紙類で巣を作ることもあり,ある神社のそばではなんとおみくじを巣材に使ったそうな。巣の中に卵があるかどうか気になったが,写真を1枚撮って早々に引き上げてきた。

巣といえば,過去に苦い経験がある。

例えばオオルリ
親鳥がヒナに食べ物を持ってきたり,与えたりする姿を遠隔操作で撮影した。巣立つのを心待ちにしていたが,ある日,その場所に行ってみると巣が跡形もなく消えていた。自分のせいだろうかと反省した出来事だった。

例えばサンコウチョウ
林の中で偶然巣を見つけ,約1週間,十分な距離を取って観察を続けていた。ある日,ハシボソガラスが突然やってきて巣を壊し,飛び去ってしまった・・・。自然の摂理とはいえ,とてもショッキングな出来事だった。

[注]
巣の写真は本来,撮影したりネット上に掲載したりしないものである。今回は,人通りが多く誰の目にも触れる場所であるため大丈夫だろうと判断し,写真と記事を掲載した。

|

« つかの間の夏日 | トップページ | 文部科学大臣奨励賞受賞 »

野鳥・自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« つかの間の夏日 | トップページ | 文部科学大臣奨励賞受賞 »