« 今シーズンの初対面 | トップページ | 久しぶりに裏山散策 »

2010年10月 3日 (日)

マガンが急増

101003 初雁から約1週間。宮城県伊豆沼周辺の田んぼには,すでにガンの大群を見ることができる。本日は,登米市北方で約3,500羽,伊豆沼の南側で約500羽のマガンをじっくり観察した。これだけの数がいれば,シジュウカラガンやカリガネといったいわゆる「珍ガン」がいてもいいのだが,残念ながら見つけることができなかった。

標識ガンは,以下の通り。(すべてマガン)
青首環 E25,E52  緑首環 M2P,T2E,H53  黄首環 A40

聞くところによると,すでにシジュウカラガンとカリガネは渡来しており,ハクガンもいるとかいないとか・・・。本日は風が冷たく,観察途中で半分以上が飛んでしまったため見つけることができなかった(いいわけいいわけ・・・)が,きっとそのうち会えることだろう。

|

« 今シーズンの初対面 | トップページ | 久しぶりに裏山散策 »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今シーズンの初対面 | トップページ | 久しぶりに裏山散策 »