« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月28日 (日)

Expression Web 4

101126 突然,Expression Web 3の起動時に,強制終了される不具合が起きた。再インストール覚悟で原因をいろいろ調べているうちに,興味深い記述が目にとまった。マイクロソフト製品のFAQページ「Expression 4 評価版をダウンロードし,Expression 3 製品がインストールされているPCにその評価版をインストールすると,Expression 4 評価版が正式版に変換される」という内容である。知らなかった。アドインによる機能拡張,SuperPreviewオンライン,SEOチェックなどの新機能が加えられているが,バージョン3発売から10か月しか経っていないためにこのような措置が取られたらしい。

さっそくダウンロードし,インストールしてみた。強制終了することもなく無事に起動。バージョン情報を見るとたしかに正式版に変換されている。しかも,3と4が共存しているではないか。デザインや使い勝手は同じ。どこが変わったんだ???って感じで,むしろ安心する。再インストール気分で無料バージョンアップができ,何だか得した気分になった。あとは新しいバグが発生しないことを祈るだけである。

| | コメント (0)

2010年11月25日 (木)

カラの混群

冬になると,カラ類は混群を作るようになる。シジュウカラ,ヒガラのほか,エナガ,コゲラなどが混じる群れである。遠くから「ジュクジュク」「ジュリリリッ」という声が聞こえたら立ち止まってみよう。その声がだんだん近づいてきたらしめたもの。その場にしゃがんで,目の前を通過するカラ類をじっくり楽しもう。

101125 かわいくて一番人気はエナガだろう。つぶらな瞳,おちょぼ口,ふっくらした体,「柄長」と言われるゆえんである長い尾。ちょろちょろ動き回ったり,木の枝にぶら下がったりするもんだから,かわいくてつい目尻が下がってしまう。今日も,職場前の林でにぎやかに鳴いていた。
白い体に黒いネクタイをしているのはシジュウカラ。「ジュクジュク」と鳴きながら,枝先や地面を広範囲に動き回る。シジュウカラにそっくりだが,ネクタイがないのはヒガラ。寝ぐせのように見える冠羽がかわいらしい。
「ギィー」という声が聞こえたら,キツツキの仲間であるコゲラが混じっている。環境によっては,カラフルな色調のヤマガラや,黒い帽子をかぶったようなコガラを見ることもできよう。

日本の森林に一年中住む鳥は,繁殖を終えるとほとんどが群れを作る。みんなで食べ物を探せば効率がいいし,みんなで警戒すれば危険性が少ないからである。言わば『たくさんの目の効果』である。
異なる種類の混群となると,採餌場所や警戒範囲が少しずつ違うため,効果がさらに増大すると言われている。言ってみれば『いろいろな目の効果』である。

木々の葉がすっかり落ちたら,混群を観察しやすくなる。校庭の周りや近くの公園,裏山などで耳を澄ましてみてはいかがだろうか。

(注)混群の効果は実証的な研究が世界各地で行われているが,膨大なデータが必要なため,その効果は未だ仮説の段階である。

| | コメント (0)

2010年11月19日 (金)

電子黒板は教室に必要か

2010111901 K市の中学校で授業を見せてもらった。インタラクティブユニット型電子黒板を活用した数学の授業である。電子黒板の主機能である「拡大」「書き込み」「保存」のうち,『教科書の拡大』『図の一部を拡大』『教師が書き込みながらの説明』『生徒が書き込んで考えを説明』といった機能を使っていた。

2010111902 授業後は検討会。授業者は生まれて初めて電子黒板を使ってみたとのことで,「PCが苦手で引き受けたのを後悔した」「電子黒板に気を取られ,うわの空で授業をしていた」「教科書の拡大は有効だと思った」と,率直な意見をいただくことができた。

検討会ではさらに,「色分けが簡単にできて効果的であった」「生徒の手元と同じものが提示されるので,説得力が増すと思う」という意見があった反面,『電子黒板の活用を推進する必要が本当にあるのか?』という苦言もいただいた。『効果的な使い方がいろいろ研究されている。それを紹介する意味でも推進は必要だと思う』と即答したのだが…。

電子黒板の有効性についての調査結果は,文科省委託事業としてこちらのサイトに公開されている。改めてじっくりと目を通し,本日の話合いを振り返っている。

| | コメント (0)

2010年11月 7日 (日)

ブログのタイトルとバナーを一新

101107 掲示板・フィールドノート」と「観察日記」を併せ,『ブログ版・野鳥と教育』を開設してから,早いもので1年が経とうとしている。いろいろな話題を書き込んできたが,最近では鳥情報よりコンピュータやインターネット関連の話題が多くなっている。

(いったい何をメインにしたブログなのか・・・)という声が聞こえてきそうなので,思い切ってタイトルを変えることにした。その名も,鳥ときどきICTである。

現在のカテゴリーは4つ。野鳥の観察記録や出現情報はもちろん,現在携わっている情報教育や,パソコン・インターネットの話題なども引き続き書いていきたい。フィールドノートとして,備忘録として,このブログを活用できれば・・・と思っている。

職場にある木々はすっかり色づいた。プチ紅葉狩りをしながら,疲れた目を休めている今日この頃である。

| | コメント (2)

2010年11月 5日 (金)

Google Analytics

101104 Webサイトを立ち上げて11年。今さらながら,本格的にアクセス解析をしてみることにした。アクセス解析ツールは数あれど,無料で高機能,検索エンジンにも強いという理由から「Google Analytics」を選んだ。
googleアカウントは持っていたので,すぐに初期設定をし,トラッキングコードを手に入れる。これを,主要なページに埋め込めば準備完了である。データ収集を始めて3日。レポートを表示させてみるのだが何が何だかよくわからない。やはり解説書が必要か……。

サイト充実のために参考になるのは以下のデータだろうか。
・滞在時間(コンテンツが魅力的か)
・平均ページビュー数(1回の訪問で何ページ見てもらえたか)
・入り口ページの直帰率(全体像が分かりやすいか)
・リピーターの割合(コンテンツが魅力的か)

数日で何がわかるわけでもないので,まずは1か月データを収集してみることにする。並行して,どんなデータを収集できるのかをもっと把握しないとせっかくの高機能がもったいない。
「できるGoogle Analytics 2009年 インプレスジャパン」に書いてあった。無料なのに高機能なGoogle Analyticsの最大の欠点は「高機能すぎてよくわからない」点だと。。。

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »