« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月30日 (木)

今年最後の日の出

101230 2010年がもうすぐ終わろうとしている。今年最後の飛び立ちを見ようと伊豆沼に足を運んだ。空は快晴。気温は氷点下3度。こんな朝は,太陽の色がイマイチかもしれないと嫌な予感がしたが,雁は見事に飛んでくれるだろうと,沼北側の土手まで車を走らせた。

結果は・・・ダメダメだった・・・。まず,雁がきれいに飛んでくれない。西にいた大群が飛んでも,長沼方面から群れがやってきても,日の出時刻の6時53分を過ぎても,一向に飛ぶ気配がないのである。空の色も赤くない。贅沢な話だが,やはり少し雲があったほうが空が赤く染まる。今朝は青色が多過ぎた。

伊豆沼・内沼には4万羽を超えるマガンが来ているが,伊豆沼中央部より獅子ケ鼻に多くいるようである。飛び立ちもきっと迫力があるだろう。そういう意味では,昔に戻っているのかもしれない。

大晦日から元日にかけて天気が悪いので,初日の出は期待できない。今朝は期待外れではあったが,一足早く新春気分を味わったつもりになりながら帰路についた。来年はどんな鳥に会えるだろう。そんな想像をしながら・・・。

| | コメント (0)

2010年12月26日 (日)

2日間の積雪で

101226 今年の24日~25日はホワイトクリスマス。しかし,この雪の影響で事故が相次ぎ,高速道路は断続的に通行止めとなる大変なクリスマスになってしまった。伊豆沼周辺も雪が降り続き,26日朝に天候が回復したものの,道路は冬タイヤ必須の状態になっている。

道路脇に雪が残っている限り,朝は凍結路となり危険である。車で伊豆沼周辺にお越しの方々は十分に気をつけていただきたい。

| | コメント (0)

2010年12月16日 (木)

氷点下2度

101216 強い寒気の影響で,今日はこの冬一番の寒い朝だった。日中も気温が上がらず,正午までの最高気温は仙台で1.5度・・・。冬の青葉山では,凍結や積雪との戦いが始まろうとしている。

冬と言えば,職場前に設置したバードテーブルの出番である。昨シーズンの来客は,シメ,スズメ,ヒヨドリ,ツグミであった。今シーズンはどんな鳥がやってくるであろうか。もうすぐ開店である。

| | コメント (0)

2010年12月 8日 (水)

東北新幹線全線開通

20101206 12月4日(土),東北新幹線が新青森駅まで開通した。当日は喜びいっぱいの笑顔が多かったものの,あいにくの悪天候で,表情が曇る人も多かったとか。
昨年,青森に出張したときは,盛岡と八戸で乗り換え,2時間30分かかった。普段利用するくりこま高原駅から新青森駅まで,「乗り換えなし2時間」で行けるのは大変ありがたい。

ただ,課題もあるらしい。
世界の潮流は時速300キロなのに整備新幹線として建設された盛岡-新青森間は,70年の「全国新幹線鉄道整備法」で「最高速度を260キロ程度とする」と規制されている。このため,せっかく320キロのスピードを出せる「はやぶさ」を投入しても、盛岡以北では性能を生かし切れない。(毎日新聞 2010年12月4日)
のだそうだ。

最近の朝日は,ガスがかかってより赤く大きく見える。その朝日が,だんだんオレンジ色に変わっていく。早起きならではの風景である。朝の通勤で時間に追われながら,いつか写真に撮りたいと思っていたが,やっとそれっぽい写真を撮ることができた。被写体は,2時間後に新青森駅へ到着するはやて 95号。鳥以外に,朝日と組み合わせて撮影したのは新幹線が初めてである。

# 12月6日朝 くりこま高原駅の南約2.5km地点で撮影

| | コメント (0)

2010年12月 2日 (木)

かけるもん

201012021 11月10日にエルモ社から発売されたワイヤレス・ペンタブレット「かけるもん」(CRA-1)を試用する機会があった。今回は,会議室にスクリーン・パソコン・プロジェクタ・書画カメラ・かけるもんの5点を設置。フル装備である。

かけるもんは,電子ペンとA4サイズの電子パッドで構成されている。ワイヤレス機能を搭載しており,教室内を移動しながらの書き込みやパソコン操作ができるというのがウリである。同社の一部書画カメラと連携し,電子黒板機能も備えている。

201012022 ワイヤレス・ペンタブレットの利点は,自分の立ち位置を自由に決められるという点であろうか。黒板の前はもちろん,教室の後ろ(児童生徒と同じ方向を向く)から,または,児童の机上で使えるという使い方も想像した。もし,教室の書画カメラがエルモ社で,プロジェクタとスクリーンを設置できる環境があれば,試してみる価値はあると思った。さらにパソコンをつなげば,電子黒板機能も活用できる。ただ,キャリブレーション不要が便利だと思う反面,画面を見ながら書く書きづらさが印象に残ってしまった。慣れの問題だとは思うが・・・。

| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »