« 2日間の積雪で | トップページ | 謹賀新年 »

2010年12月30日 (木)

今年最後の日の出

101230 2010年がもうすぐ終わろうとしている。今年最後の飛び立ちを見ようと伊豆沼に足を運んだ。空は快晴。気温は氷点下3度。こんな朝は,太陽の色がイマイチかもしれないと嫌な予感がしたが,雁は見事に飛んでくれるだろうと,沼北側の土手まで車を走らせた。

結果は・・・ダメダメだった・・・。まず,雁がきれいに飛んでくれない。西にいた大群が飛んでも,長沼方面から群れがやってきても,日の出時刻の6時53分を過ぎても,一向に飛ぶ気配がないのである。空の色も赤くない。贅沢な話だが,やはり少し雲があったほうが空が赤く染まる。今朝は青色が多過ぎた。

伊豆沼・内沼には4万羽を超えるマガンが来ているが,伊豆沼中央部より獅子ケ鼻に多くいるようである。飛び立ちもきっと迫力があるだろう。そういう意味では,昔に戻っているのかもしれない。

大晦日から元日にかけて天気が悪いので,初日の出は期待できない。今朝は期待外れではあったが,一足早く新春気分を味わったつもりになりながら帰路についた。来年はどんな鳥に会えるだろう。そんな想像をしながら・・・。

|

« 2日間の積雪で | トップページ | 謹賀新年 »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2日間の積雪で | トップページ | 謹賀新年 »