« 食べ物を求めて | トップページ | iPadがやってきた(2/5)ネットに接続編 »

2011年1月22日 (土)

iPadがやってきた(1/5)標準アプリ編

職場でiPadを2台購入した。授業や校務への活用,他のICT機器との連携等を模索するためである。購入したのは,本体も含めて3つ。
・Wi-Fiモデル 16GB
・Apple iPad Case
・Apple iPad Dock Connector(VGAアダプタ)

110122 本体に電源を入れてみる。初めて使う者には分かりづらいが,スリープ/スリープ解除ボタンが電源ボタンであるらしい。Appleロゴが表示され,おなじみのアイコンが14個出てきた。きれいな画面だなぁ・・・。まず覚えるのは用語だろうか。タップ(叩く),フリック(払うように動かす),ピンチ(2本の指で押し開いたり閉じたりする)の3つが分かればいいだろう。iPhoneユーザに,アイコンをタッチしたまま押さえる技も教えてもらった。

Appアイコンをタップして開き,無意味にフリックやピンチをやってみる。テレビのCMで見たことがあるような動きが繰り広げられてにやにやしてしまう。写真を取り込み,表示させてみる。ピンチを使った拡大/縮小は,PCよりはるかに便利だ。スライドショーも美しい。カレンダーも便利だろうが,自分は紙の手帳がメインで,PCのスケジュール管理をサブにしているため,出番はないだろう。メモも使わないかな。

ほかのアプリを使うためには,Wi-Fi接続をする必要がある。職場のドメインネットワークに接続してみたが,その設定等の紹介は後日。

|

« 食べ物を求めて | トップページ | iPadがやってきた(2/5)ネットに接続編 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 食べ物を求めて | トップページ | iPadがやってきた(2/5)ネットに接続編 »