« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月21日 (月)

登米市と仙台を往復

110321 今,一番活躍している公共交通機関はバスではないだろうか。特に,高速バスの情報は重要である。今日は動くのか,何時に出るのか,自治体が提供する情報がありがたい。
震災後しばらくは止まっていたネットも,安定してつながるようになった。移動中の情報収集は,『iPod touch+イーモバイル』が大活躍である。

バス待ちの長蛇の列に並んでいるとき,バスに乗りながら壊れた道路を見たとき,凹んでしまいそうになるため,遅ればせながら音楽を入れた。auケータイから,iPodへ音楽を移行する方法が分かったからである。
LISMOの音楽をiPod touchでLISMO Portに保存していた*.omaファイルを,iTunesに取り込む方法
  1.LISMO Portの「音楽CDの作成」を選ぶ
  2.ブランクCDをドライブに入れて,アルバムまたは曲を選んで→をクリック
  3.iTunesを起動し,ライブラリにインポートする。
ファイル変換等をする必要がなくてけっこう簡単。ブランクCDを,アルバム枚数分用意する必要はあるが・・・。

| | コメント (0)

2011年3月18日 (金)

震災から1週間

すごい地震だった。我が家は家の中がめちゃくちゃになったが,地震で倒れることもなく,津波にさらわれることもなく,無事に生き延びることができた。
知り合いも含めてたくさんの方が亡くなった。たくさんの方が被災した。あまりに悲しく,心細く,でも復旧に向けて自分の仕事に全力を注いだ1週間だった。

110318 職場は,2棟あるうちの4階建て1棟が使い物にならず,2階建てに全員が引っ越して業務を行っている。昨晩は雪がたくさん降ったが,職場に泊まったので寒さをしのぐことができた。自宅は1週間ぶりに電気が復旧したらしい。あとはガソリンが手に入れば家に帰れる日も近いだろう。電気・ガス・水道,そして燃料のありがたさが,被災して初めて分かった。

亡くなられた方々に対し,心からご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (2)

2011年3月10日 (木)

スタンドアロンで使うアプリ

1103101_2 そもそもiPodをPDA【Personal Digital Assistants】として使いたかったので,スタンドアロンで使えるアプリをまず探した。まずは『GoodReader』か。「iPadがやってきた(4/5)(5/5)」でも紹介したが,進行要領を保存しておくもよし,パワポファイルを保存してプレゼンするもよし,いろいろ使えそうだ。
ただ,ユーザインターフェースは,圧倒的にiPad用がいい。iPadのユーザインターフェースは左右2画面に別れており,右側にプレビューさせることができる。ファイル操作もやりやすい。
それに比べて,iPod touchの場合はアイコン中心。1画面の中でしか操作できないので戸惑ってしまう。やはり,画面の大きさの違いは使いやすさにも影響するようである。

1103102 もう一つやりたかったのが,自分の予定を聞かれたときに,いつでもどこにいてもパッと返答できるようにスケジュールを持ち歩くこと。本当は,評価の高い「さいすけ」や「Refills」を使ってみたかったのだが,職場のネットワークからは残念ながらGoogleカレンダーにつながらない。そこで,標準アプリ「カレンダー」とOutlook 2010の同期のみとした。使い方は簡単で,予定が決まった段階でOutlook 2010の予定表に書き込み,iTunesでカレンダーと同期させるだけである。前述の設定さえしておけば,うっかり消してしまうこともない。

これで,胸ポケットからパッと取り出して予定を確認できる。次の課題は,システム手帳・iPod Touch・Outlookの3つを,どう使い分けるかだ・・・。

| | コメント (0)

2011年3月 8日 (火)

イー・モバイルは補助として

1103081 イー・モバイルを契約するとき,どのコースにするか迷った。自分が活用するのはどの場所で,どんな時か,はっきり決めていなかったからである。まずは使ってみないと分からないから当然ではあるが・・・。
とりあえず,D25HWが1円で手に入る「にねんM」で,2,457,600パケット(300MB)までが比較的安い「バリューデータプラン」にしてみた。

どれだけ使えば2,457,600パケットになるのか想像もつかないので,どうしても節約意識が働いてしまう。そこで,『職場ではドメインネットワーク』『モバイルではD25HW』『自宅ではUSBアクセスポイント』と3つの環境を考えてみた。ドメインネットワークにつなぐ話題は「iPadがやってきた(2/5)ネットに接続編」で紹介したので,USBアクセスポイントについて少々。

1103082 今回購入したのは,ロジテックの「W300N/U2SBK」。ドライバをインストールし,ソフトウェアAPモードにするだけである。認証方式はWPA2-PSKを選択。諸設定を済ませると,iPod touchが認識したので,設定を行い,無事につながった。
イー・モバイルは補助として,しばらく使ってみよう。どれぐらいパケットを使うのか楽しみである。

| | コメント (0)

2011年3月 6日 (日)

iPod Touchがやってきた

110306 ケータイで音楽はたまにしか聴かない。よって,LISMOで十分な自分にとって,iPodやWALKMANにはまったく興味がなかった。今回手に入れたiPod touchがすでに第4世代であることを初めて知ったぐらいである。
そんな状態だから,iTunesも使ったことがない。でも,やりたいことが増えていくうちに,『1台のiPodを複数のパソコンで管理したい』と思うようになってきた。

やりたいスタイルは,「音楽の同期は自宅のPCで。職場のPCではスケジュールのみを同期し,ついでに充電」である。ネットで調べると,自分にぴったりのスタイルを紹介しているサイトがあったのでさっそく真似をしてみた。

1.自宅PCのiTunesで,自動的に同期しない設定にする。
2.iPodを接続し,概要タブにある「音楽を手動で管理」にチェックを入れる。
3.職場PCでも1~2の手順を再度行う。
4.同期させたい項目(カレンダー)にチェックを入れる。

*ポイントは「1つのipodは一度に1つのiTunesライブラリとしか同期できません。どういたしますか?」 というウィンドウが表示されたときに「キャンセル」をクリックすること。この際、絶対に「次回から確認しない」にチェックを入れてはいけない!

これで自宅で同期させた音楽や動画は削除されずにそのまま残り,チェックを入れた項目(カレンダー)がiPodに追加される。

*この記事を書くために参考にしたサイトは「 iPodのことならiPod + PORTABLE GAME」です*

| | コメント (0)

2011年3月 3日 (木)

Pocket Wi-Fiの設定

説明書を片手に,D25HW設定ツールを使ってWi-Fi接続を試みた。暗号化方式はデフォルトの「WEP」。SSIDや暗号化キーも初期設定のまま,iPod touchで接続する。あっさりつながった・・・。
次の日,D25HWとiPod touchを持って仙台駅前を歩いてみる。すると,接続圏内にあるネットワークを次々に検出するではないか。D25HWから始まるSSIDも見受けられる。PocketWi-Fi仲間だ・・・。

セキュリティが心配になったので,以下の3つを変更した。
110303_21.SSIDを18桁のパスワード風へ
2.暗号化方式をWPA2-PSK+AESへ
3.WPA事前共有キーを18桁の任意のキーへ
これで一安心である。

もう一つ,デフォルトではどうしても使いにくかったのが節電機能。D25HWは,ちょっと使わないとWi-Fi接続が切れるため,本体のボタンを押さないとONにならない。このボタンがやけに押しにくいし,たいていはカバンに入れているのでいちいち出すのが面倒でなのである。
これについては,「インターネット接続モード:オート」+「切断時間:10分」+「無線LAN自動オフ:無効」の組み合わせで解決できた。iPod touchをスリープから立ち上げると本体ボタンを押すことなくWi-Fi接続する。これでこそ「ルータ」である。

| | コメント (0)

2011年3月 1日 (火)

Pocket Wi-Fi がやってきた

110301 タッチパネルの端末がどれだけ使えるのか・・・
その興味は「iPad」が職場にやってきてからどんどん大きくなっていった。iPadは,とても見やすい端末である。バッグに入れて歩けば,いろいろな使い方ができるだろう。しかしポケットには入らない。職場の備品なのでおいそれと持ち出せない。気軽に実験ができないのである。

かといって,私費を投じるには値段が高い。iPhoneも考えたが,au使いの田舎者にとって,MNPしてまでSoftBankに乗り換える勇気がなかった。もしも電波が届かなかったら・・・と考えると怖いのである。そこで,モバイルルータとiPod Touchの組み合わせを試してみることにした。モバイルルータ候補はいろいろあったが,イー・モバイル「Pocket Wi-Fi(D25HW」に決定し,iPod Touchとともに入手した。

さて,『Pocket Wi-Fi+iPod touch』は私の仕事や生活に影響を与えるのか。実験が楽しみである。

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »