« マップアプリの不思議 | トップページ | Tunnel adapter ローカル エリア接続*を削除する »

2011年8月18日 (木)

フリーのアンチウイルスソフトを入れてみた

110818 インターネット閲覧専用のコンピュータが必要になったとき,アンチウイルスソフトで悩んだことはないだろうか。ドメインに参加させないので法人用は使えず,かといって予算もないので個人用もすぐには用意できない。でも無防備でインターネットにつなぐわけにもいかない。そこで今回は『Microsoft Security Essentials』をインストールしてみた。

このソフトは無償である。しかも,過去にはベストフリーアンチウイルスソフトにも選ばれている。もちろん,「使えない」という評価もあるし,どんなソフトであれ大切なことは常に最新の状態にしておくことである。だからこそ,仕事で使う場合はドメインで一元管理のできる法人用製品が必要なのだが。。。

ネットワークやプリンタの設定の他,アンチウイルスソフトのインストールと更新,Windows Update,AcrobatやJavaのアップデート等々,コンピュータを1台用意するのにやらなければならないことは山のようにある。その作業が年々増えているような気がしてならない。

インストールし,最新に更新した『Microsoft Security Essentials』はリソースを大量消費することなく静かに稼働している。常駐監視型のソフトとしては,無償ということもあり,使ってみる価値はあるかも。

※図は,興味本位で Windows7の「Windows XP Mode」にインストールしているところ※

|

« マップアプリの不思議 | トップページ | Tunnel adapter ローカル エリア接続*を削除する »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マップアプリの不思議 | トップページ | Tunnel adapter ローカル エリア接続*を削除する »