« iPhone 4Sがやってきた《デコメーラー活用編》 | トップページ | iPhone 4Sがやってきた《バッテリー編》 »

2011年11月 1日 (火)

iPhone 4Sがやってきた《カメラアプリ編》

111101 撮影した写真をWindows PCで見ると天地が逆さまに表示される!
ネットでこの情報を見たときは何のことか分からなかったが,+ボタンを上にして標準のカメラアプリで撮影したものをWindows7機にコピーし,Windows フォトライブラリーで表示させると確かに天地が逆さまに表示される。試しにその写真を Photoshop Elements から開くと普通に表示された。

ネットで調べてみると,画像ファイル内の『ExifのOrientationタグ』を,Windows フォトライブラリーが無視しているのが原因らしい(価格.comのクチコミより)。標準のカメラアプリはほとんど使わないので気づかなかった。Photogeneで撮影・保存した写真は,Windows フォトライブラリーでも天地が正しく表示されるからである。

標準のカメラアプリを非難しているわけではない。ただ,8メガ・ピクセルで撮った写真をそのままメール等に添付するわけにはいかないので,常に画像解像度の変更を前提に撮影を考え,Photogeneを使いたくなるのである。

|

« iPhone 4Sがやってきた《デコメーラー活用編》 | トップページ | iPhone 4Sがやってきた《バッテリー編》 »

モバイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iPhone 4Sがやってきた《デコメーラー活用編》 | トップページ | iPhone 4Sがやってきた《バッテリー編》 »