« 秋の青葉山を歩いた | トップページ | メールの添付ファイルを取り出せた »

2011年11月20日 (日)

Safariのリーダー機能はありがたい

1111202 iPhone4SでWebページを見るときはSafariを使うようにしている。それは最近細かい字がめっきり見えにくくなった私にとって大変ありがたい「リーダー」機能があるからだ。

SafariのURL欄に「リーダー」という文字を発見したのはしばらく前のこと。iPod touchでずっとSafariを使っていて気づかなかったので,iPhone4Sの新機能だと思い込んでいたのだが,調べてみるとiOS5版Safariの新機能なんだとか。
(注:Mac版Safariには以前からある機能らしい)

Retinaディスプレイが圧倒的にシャープとはいえ,あの小さい字はいくらピンチしても老眼にはつらすぎる。しかし,URL欄の「リーダー」をタップすると,記事本文を大きく表示してくれる。さらに広告等を排除してくれるからさらにありがたい。
リーダー機能が使えるサイトと使えないサイトがあるようだが,あると無いのとでは大違い。小さい字に目のピントが合わない悲しさをかなり救ってくれるのだから。

※画像は,朝日新聞社・花野氏の記事(2011年11月20日)より※

|

« 秋の青葉山を歩いた | トップページ | メールの添付ファイルを取り出せた »

モバイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の青葉山を歩いた | トップページ | メールの添付ファイルを取り出せた »