« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月20日 (月)

iPhone 6 狂想曲【ランチャーアプリとアイコン取得】

141020


よく使う機能を簡単に呼び出せるランチャー系のアプリがある。私が使っているのは「Launch Center Pro(500円)」。
主な使い方が,
 ・1タップで相手に直接電話やメールをする。
 ・よう使うアプリを登録して1タップで起動する。
 ・グループごとに整理し,素早くアプリを起動する。

「Installed Apps」にサポートされているアプリは登録が簡単だが,登録されていない場合は,URLスキームを活用することとなる。しかし,デフォルトのアイコンまでは自動的に登録することができない。

そんなときに便利なのが,『AppStoreアイコン取得プログラム』である。
端末を選び,角丸あり・なしを選び,Enter AppNameにアプリ名を入力するだけ。検索ボタンをタップすると,ズラッとアイコンが表示される。

| | コメント (0)

2014年10月13日 (月)

iPhone 6 狂想曲【mazecをインストールしてみた】

141013iOS 8 から,他社製キーボードの利用が可能になった。標準搭載のApple製キーボードがイイ感じでバージョンアップしたので,ATOKを入れようとは思っていないが,手書き入力アプリがあると便利かもと思っていた。そんなとき知ったのが「mazec」の存在である。

もともと,読みの分からない漢字を入力したいときは,『中国語(繁体字)-手書き』を使っていたし,手書きだけなら「7note mini」もあるのだが,キーボードからワンタッチで切り替えることができるのは便利である。

次は,タッチペンが欲しくなる予感・・・。

【10月15日追記】

141015タッチペンを買ってみた。
Amazonで1,009円の,『Digio2 スワロフスキー付 タッチペン グレー ECTP-04GY 』である。
使い心地は・・・手書きに限って言えば指先のほうが素早く入力できる。English(US)キーボードであれば,タッチペンのほうが正確に入力できる。
要は,使い訳ということか。

| | コメント (0)

2014年10月12日 (日)

iPhone 6 狂想曲【Evernoteにクリップする】

141012Evernoteユーザーとしては,SafariでWebページをクリップできるようになったのはとてもうれしい。

「できるネット」の解説を読みながら設定してみたが,とても簡単だった。
 1.共有メニューを表示する。
 2.「その他」をタップし,EvernoteのスイッチをONにする。
 3.保存する。

これで,後で読みたいページを簡単に保存できるようになった。ちなみに,同じような手順で,写真もクリップできる。

| | コメント (0)

2014年10月10日 (金)

iPhone 6 狂想曲【どの回線を利用中か調べる】

141010iPhone 5 をiPhone 6 に機種変した最大の理由は,800MHzの周波数帯を使いたかったからだ。職場周辺では,iPhone 5 で3G表示だったが,iPhone 6 にして4G表示となった。果たして,どの周波数帯を使っているのだろう。そんな疑問を持ったときは,「フィールドテストモード」にすればいい。確認方法は簡単。

 1.電話アプリを起動する。
 2.キーパッドに『*3001#12345#*』と入力する。
 3.発信をタップする。

すると,画面が「Field Test」となり,電波状態を示す記号も数値に変わる。
LTE回線の詳細は,「Serving Cell Info」をタップし,『Freq Band Indicator』を見ればいい。au の場合,
 「1」・・・・2100MHz帯
 「11」・・・1500MHz帯
 「18」・・・ 800MHz帯
 「41」・・・2500MHz帯(WiMAX 2+)

を意味する。

我が愛機は「18」。iPhone 6 にして,しっかり800MHz帯をつかんでいることが分かってホッとした。

| | コメント (0)

2014年10月 4日 (土)

iPhone 6 狂想曲【メールアプリの不具合】

141004メールアプリに宛先を入力するとき、「候補アドレス」はとても便利だ。しかし、iOS 8 になってから、それが不具合を起こして不評である。自分はこの使い方をしないので知らなかったが、多くの人が困っているようなので再現してみた。

1.メールアプリで新規作成を選択。
2.宛先を決めるために、宛先欄で先頭の文字を1文字入力する。例えば「あ」を入力すると、連絡先に登録されている人の中から「あ」のつく人等が現れる。
3.現れた候補の中から、一つを選ぶとメールアプリの宛先欄に表示される。
4.件名や本文を書き込んで送信すると、サーバから拒否されて送信できない。
5.送信ボックスを見ると、きれいに宛先が消えている。

つまり「候補アドレス」から入力するとダメみたいで、これはもう、たくさんの人が経験されている。

ちなみに、1文字だけではなく、2文字以上入力して候補を選択すると大丈夫だ。
連絡先から宛先を入力するともちろん大丈夫である。

| | コメント (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »