« iPhone版 Office をインストールした | トップページ | 情報モラル研修会を終えて »

2014年11月15日 (土)

掲示板を考える

141115


TwitterやFacebookといった双方向コミュニケーションが全盛の中,インターネットの掲示板を見る機会はぐっと減った。自分を発信するツールが急激に増える中,掲示板の将来はあるのだろうか。

16年前に作った第5学年理科Web教材「せいめいたんじょう」を使って今年度も授業をしている。フラッシュでアニメーションを作り,HTMLのタグを打ち,半年かけて1枚1枚作ったのがなつかしい。16年も経っているのだから他にもすばらしいサイトが登場しているが,未だにこの時期はアクセス数がすごく,使っていただいていることに感謝である。

当時,学習をまとめたり,学習後に知識の共有を図ったりする方法を模索した結果,CGIによる掲示板に行き着いた。いたずら防止のため,管理者による承認機能も実装した。サーバへの負担を考えて最大記事数を制限したので,特に質問に関しては一覧できるページを作った。

閑話休題。
調べ学習が一段落した頃,掲示板の投稿について最低限のマナーを指導し,自由に書きこませてみた。子供たちはすぐに飛びつき,書きこむことに夢中である。自分の投稿が公開されると大喜び。返信機能を使って他の投稿へコメントをつけ始めた。ネットを介したコミュニケーションは,やはり楽しいようである。
次の段階は,その内容の指導である。その記事を読んだ人がどう思うか,自分勝手な内容ではなく,人と共有できる情報とはどういうものか。伝えられる範囲で伝えていきたい。

|

« iPhone版 Office をインストールした | トップページ | 情報モラル研修会を終えて »

情報教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iPhone版 Office をインストールした | トップページ | 情報モラル研修会を終えて »