« 2016年3月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年4月

2016年4月 5日 (火)

表示は0でもデータは残っている「KDDI データお預かり アプリ」

160405iPhone SEの入荷が極端に少なく,手に入れられた人が少ない模様。かくいう私の知り合いも予約開始日である3月24日16:07にauオンラインショップで予約完了したのだが,4月3日時点で何の連絡もなかった。
業を煮やしたその知り合いは,在庫があったiPhone 6Sを衝動買いしたとのこと。手続きは順調であっという間にiPhone 6Sが手に入ったのだが,問題はバックアップの復元だった。なんと・・・連絡先が全て消えてしまったというのだ・・・。

ヘルプ依頼時に聞き取った今回のバックアップ手順は以下の通り。

1.iCloudで,「写真」「連絡先」「カレンダー」「リマインダー」「Safari」をバックアップ。
  → 何のエラーもなし。
2.iTunesで,「iPhoneのバックアップを暗号化」してコンピュータにバックアップ。

  → 順調に終了。
3.KDDIの「データお預かり」アプリを使って連絡先をバックアップ。
  → 何度トライしてもエラーが出て失敗。

「3.」以外は私自身何度も試して何事もなく復元できたので最初は何を言っているか分からなかったが,実際に見せてもらうと確かに連絡先は白紙。これは焦るはずだ。
「データお預かり」アプリを表示させてみても,データ容量は0。iCloudにも残ってないし,iTunesにも連絡先データはない。
あきらめかけたが,ダメ元でデータ容量0と表示されている「データお預かり」アプリで復元を試みたところ,データを移動させているようなバーの動きになるではないか。
終了しておそるおそる連絡先を開いたら・・・復活した!!!

連絡先が消えてなくなるなんて考えただけでゾッとする。
今回のことで仮説を立ててみた。KDDIの「データお預かり」アプリを使って連絡先をバックアップしたとき,実は,連絡先データがコピーではなくて移動されたのではないだろうか。空の連絡先をiCloudと同期すれば,当然空の状態でバックアップされる。1件も復活されるわけがない。

もちろんこれは仮説だし,「データお預かり」アプリを非難するつもりもないが,App Storeのレビューで辛口の意見が多いのは事実である。同じような条件で連絡先が消えてしまった方は,表示が0でもあきらめず,ダメ元で試してみてはいかがだろうか。
念には念を入れてのバックアップ作業が,結果的にスムーズな復元ができなくなってしまった初めての経験だった。

| | コメント (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年8月 »