« Mac【虹が回る】 | トップページ | Mac【Dockの再起動】 »

2017年2月 9日 (木)

Mac【装飾キーの記号】

キーボードのショートカットを調べていると,はたと止まってしまうときがある。装飾キーの記号の意味が分からないのだ。いちいちググるのも面倒なので,覚える意味でも整理してみたい。大切なのは4つ?
 
Command 【Command (コマンド)】
Macにしかないキーだから,これは覚えやすい。Windowsでいうところの「コントロールキー」か。「Command + C 」「Command + X 」「Command + V 」「Command + A」「Command + N」「Command + R」を使わない日はない。ちなみに,不連続(とびとび)な複数のファイルを選択する時にも使えるキー。
 
Option 【Option (オプション)】
これが一番分かりにくい。というか,今でも理解できていない。まあほとんど使わないからいいか。
 
 
Control 【Control (コントロール)】
これもあまり使わないからまあいいかって感じなのだが,WindowsでいうところのCtrlキーとは別物だとうことだけは理解できた。
 
 
Shift 【Shift (シフト)】
矢印記号は,ずらすことを意味しているのだとか。これは分かりやすいし,Windowsのように連続選択ができる。ただ,Finderでアイコン表示にしていると,ShiftキーではCommandキーと同じ不連続選択しかできなくなってしまう。なぜ…?
 
170210 【追記】
ちなみに,「/」や「・」のようにキーの両側を切り替えたいときは,「Option (オプション)」を押しながらキーを叩くと設定されていない方の記号が入力できる。メモメモ。

|

« Mac【虹が回る】 | トップページ | Mac【Dockの再起動】 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Mac【虹が回る】 | トップページ | Mac【Dockの再起動】 »