パソコン・インターネット

2017年4月26日 (水)

iQOSホルダーが故障した

170426使い始めて26日目。突然チャージャーに赤ランプが点灯した。さっきまで普通に使えていたのにと焦りながら公式サイトの「My Account」からチェックを試みたところ,『あなたのiQOSには不具合があるようです。』と表示されるではないか。故障しやすいとは聞いていたが,説明書通りに丁寧に扱っている自分には無縁だとたかをくくっていた。どうしよう…と頭が真っ白になったが,交換をリクエストすることにした。
 
ネットからの交換リクエストはエラーだし,サポート電話はなかなかつながらないしで時間はかかったが,何とかオペレーターの「交換品を手配します」の言葉をもらうことができた。早かったのはここから。次の日の夕方には新しいホルダーが手元に届いたのである。めでたしめでたし。

それにしても,久しぶりに紙巻を吸ってみたがマズッ!
gloを箱から出して試すとなかなかいける。手放さなくてよかった。
3月末はgloとiQOSの両方持ちだったが,スティックの入手し易さからiQOSを選択し,gloは冬眠状態だった。仙台市民じゃなくなったし・・・。
もう紙巻には戻れそうにないので,gloは保険として大切に冬眠させておこう。今度仙台へ行ったら,ネオスティックを買っておかねばなるまい。
 
170427 【4月27日追記】
Twitterでつぶやいたら,iQOSサポート公式アカウントから返信があった。やるなぁ…。

| | コメント (0)

2017年2月10日 (金)

Mac【Dockの再起動】

170210 今回もキーボードネタ。
いつの頃からか,ファンクションキーが効かなくなった。例えば,F7でカタカナ変換とか,F10で半角にするとか。しかし,システム環境設定の「F1、F2などのキーを標準のファンクションキーとして使用」にチェックは入っている。何か解決策はないものかと検索してみたら,『ターミナルからDockを再起動する』という方法を見つけたのでやってみた。
 
1.ターミナルを起動する。
2.以下のコマンドを入力して,Enterキーを押す。
  killall Dock
 
一瞬Dockが表示されなくなるが大丈夫。すぐにDockが表示されて,ファンクションキーが機能するようになった。
それにしても,いろいろな解決方法があるものだ。解決法をネットで公開している方々に感謝。

| | コメント (0)

2017年2月 9日 (木)

Mac【装飾キーの記号】

キーボードのショートカットを調べていると,はたと止まってしまうときがある。装飾キーの記号の意味が分からないのだ。いちいちググるのも面倒なので,覚える意味でも整理してみたい。大切なのは4つ?
 
Command 【Command (コマンド)】
Macにしかないキーだから,これは覚えやすい。Windowsでいうところの「コントロールキー」か。「Command + C 」「Command + X 」「Command + V 」「Command + A」「Command + N」「Command + R」を使わない日はない。ちなみに,不連続(とびとび)な複数のファイルを選択する時にも使えるキー。
 
Option 【Option (オプション)】
これが一番分かりにくい。というか,今でも理解できていない。まあほとんど使わないからいいか。
 
 
Control 【Control (コントロール)】
これもあまり使わないからまあいいかって感じなのだが,WindowsでいうところのCtrlキーとは別物だとうことだけは理解できた。
 
 
Shift 【Shift (シフト)】
矢印記号は,ずらすことを意味しているのだとか。これは分かりやすいし,Windowsのように連続選択ができる。ただ,Finderでアイコン表示にしていると,ShiftキーではCommandキーと同じ不連続選択しかできなくなってしまう。なぜ…?
 
170210 【追記】
ちなみに,「/」や「・」のようにキーの両側を切り替えたいときは,「Option (オプション)」を押しながらキーを叩くと設定されていない方の記号が入力できる。メモメモ。

| | コメント (0)

2017年2月 3日 (金)

Mac【虹が回る】

MacBook Proを買って1か月。快適に使ってきたのだが,時々虹がくるくる回って応答しない時がある。Macで強制終了したい時はどうすればいいのか分からなかったので調べてみた。
 
17020301 アクティビティモニタを使ってもいいのだが,「command+option+esc」のほうが早い。本日は,2回ほどお世話になったが,強制終了はできるだけ避けたい。これ…待っていれば応答してくれるのだろうか…と書いている時にまた虹。急いでネットで対応を調べ,下記2点を試してみた。
・環境設定でBluetoothを選択し,[詳細設定]から「Bluetoothでコンピュータのスリープ解除を可能にする」のチェックを外す。
・省エネルギーの設定で,ハードディスクをスリープさせない。
設定しても虹は回り続けたが,適当なところにマウスをもっていってenterキーをポン!と押したらお~っ!虹が消えた!
 
17020302 ついでと言ってはなんだが,SSDとメモリについても調べてみた。macOSは,普通に使用してもアクセス権の破損は日常的に発生してしまうとのこと(なぜ??)。よって,定期的なメンテナンスが必要なんだとか。修復方法は「First Aid」を使う。さっそく使ってみたが,あっという間に終わった。メモリについては,以前は誰でもメモリ解放アプリを使っていたらしいが,現在のmacOSには使わない方がいいみたい。ではどうするのか。「再起動」すればいいとのこと。了解です。
 
最後に,日々使い続けているとどんどん重くなっていくMacをリフレッシュさせるには,「セーフブート」なるものを実施すればいいらしい。方法は,
1. 電源オフを確認する。
2. Macを起動する。
3. ジャーンと聞こえたら「Shift」キーを押し続ける。
4. Appleアイコンと進捗状況のバーが現れたら「Shift」キーを離す。
これで様々なキャッシュをクリアできる。
 
Mac使いの皆様には当たり前のことが,一つ一つ新鮮なこの時期が触っていて実に楽しい。メモメモ。

| | コメント (0)

2017年2月 2日 (木)

Mac【バックアップ】

170203 マックでバックアップといえば「Time Machine」だが,日々更新するデータのみさらっとファイルを同期したい。Windowsでは,簡単で高速な「Disk Mirroring Tool」を使っていた。同じイメージで探して試してみた結果,何となく使い続けそうなアプリを見つけた。「FreeFileSync」である。
 
気に入った理由は,無料,高機能,そして日本語OKという点。メモリも圧迫しないようなので,しばらく使ってみよう。

| | コメント (0)

2017年1月30日 (月)

Mac【別名で保存】

170130 CotEditor(テキストエディター)を使っていて困ることがある。ファイルメニューに「保存」しか表示されないのだ。以前に作成したファイルを編集し,うっかりクリックしようものなら上書き保存されてしまう。このショックはでかい…。
 
いろいろ調べたら,ショートカットキーの[オプション]キー+[コマンド]キー+[シフト]キー+[S]キーが「別名で保存」に割り当てられている。しかし,4つのキーのコンビネーションは押しにくい。
[オプション]キーを押しながら[ファイル]メニュー押すことで「別名で保存」コマンドを表示できることが分かったときはとてもうれしかったのでしばらくはそれを使っていた。でも,操作が1つ加わるのはちょっと面倒だし,Microsoft Office だと最初から「名前を付けて保存」が表示されるので煩わしい。
 
そこで発見したのが[ファイル]メニューに[別名で保存]をデフォルトで表示させるとともに,ショートカットを従来のものに変更する方法だ。
・システム環境設定の[キーボード]パネルを開く。
・[キーボードショートカット]を表示する。
・[アプリケーション]という項目を選択し,[+]ボタンクリック。
・[メニュータイトルに「別名で保存...」と入力。
・[キーボードショートカット]を選択して[コマンド]キー+[シフト]キー+[S]キーを押す。
以上で設定は完了。メニュータイトルには正確に「別名で保存...」とピリオド3個まで確実に入力する必要があるので注意が必要。「名前を付けて保存...」だと表示されなかった(苦笑)。
 
これで安心して保存できるようになったのだが,この方法がシステムに不具合を起こさないかどうか,知っている方がいらっしゃれば教えてほしい。

| | コメント (0)

2017年1月25日 (水)

Mac【一太郎!(泣)】

170125 ジャストシステムの一太郎が使えない……。何を今さらと思うかもしれないが,私の周りには未だに一太郎文書が大手を振って歩いている現実がある。「リッチテキスト形式で送信して!」とはなかなか言えないものである。MacでWindowsを使う方法はいろいろあるみたいだが,興味が湧いたのは3つ。
 
1. Parallels Desktop - 仮想環境
 機能が多くて動きが軽快だが,有料。
 
2. Boot Camp
 マシンのスペックをすべて使用可能だが,Mac と Windows の同時操作は不可。
 
3. リモートデスクトップ
 Mac と Windows の同時操作が可能だが,2台必要。
 
以前勤めた職場で,毎日のようにサーバにリモートデスクトップ接続をしていたのでハードルは低い。Windows PC はもう少し働けそうだし,しばらくはこれで何とかなるだろう(ただし自宅限定)。総合的には Parallels Desktop が魅力的だが,これ以上の出費は抑えたい。構築の時間もなかなか取れないし,悩む…。
 
【1月29日追記】
Facebookで「VirtualBox」を紹介してもらった。Parallels Desktopの対抗馬はVMware Fusionを考えていたので,無料のダークホース登場は選択肢を増やしてくれた。この検証がけっこう楽しいかも。

| | コメント (0)

2017年1月24日 (火)

Mac【Macが鳴った】

170124 今夜もMacBook ProをいじっていたらiPhoneに電話がかかってきた。ところが,別の方向からも音がする。しかも,その音はiPhoneを新しくするたびに聞き覚えのある着信音。ん? Macが鳴ってる??
 
macOS と iOS は,携帯電話番号への電話があった場合,同じWi-Fiネットワークに接続されている同じApple ID に紐付けされていると,デバイス全ての着信が鳴るという「iPhone Cellular Calls」という便利なのか余計なお世話なのかよく分からない機能が搭載されていることを初めて知った。うまく使えば便利だというが,どこが??って感じである。とりあえず,FaceTimeの環境設定でオフにすることによって解決。
 
どのような場面で便利と感じるか,ネット上ではいろいろ言われているがう〜ん・・・。

| | コメント (0)

2017年1月23日 (月)

Mac【インストールディスク】

170123_2 快適に稼働しているMacBook Proだが,そこはパソコン。いつ何時機嫌が悪くなるかわからない。Time Machine で Mac をバックアップはしたが,インストールディスクは作っておきたい。そこで,どうやって作ればいいか調べてみた。
 
「DiskMaker X」や「Disk Creator」などのアプリで作れるらしいが,コマンドを打って作ることができる。おもしろそうなので,「createinstallmedia コマンド」を使ってみた。
 
まず,インストールディスクにするUSBをフォーマット。名前を,「Sierra」とする。次に,ターミナルアプリを起動して,『sudo /Applications/Install\ macOS\ Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/Sierra --applicationpath /Applications/Install\ macOS\ Sierra.app』と打ってenter。『Copy complete.』と表示されたので成功か。
 
USBを挿し,Macを[Option]キーを押しながら起動すれば,起動ディスク選択画面でインストールディスク[Install macOS Sierra]が選択できるので,後はインストーラーに従ってSierraをクリーン・インストールすればいい(らしい)。
これで一安心?

| | コメント (0)

2017年1月19日 (木)

Mac【キーボード】

170119
「Mac 小技」で検索すると,山のように情報が出てくる。その中から,Windowsでも使っていた主なキーボードのショートカットをまとめてみた。
 
・コマンド + C → コピー
・コマンド + X → カット
・コマンド + V → ペースト
 
・コマンド + A → すべてを選択
・コマンド + F → 検索
・コマンド + N → 新しくファインダーウインドウを開く
・コマンド + R → 表示内容の更新(ブラウザならリロード)
・コマンド + Q → アプリを終了
 
・コマンド + tab   →  アプリの切り替え
・コマンド + shift + 3   →  画面のスクリーンショットを撮る
・コマンド + shift + 4   →  選択範囲のスクリーンショットを撮る
 
・fnキー + delete → 文字を前から消す

| | コメント (0)

より以前の記事一覧